その他健康食品

      

タンポポ

☆サイト紹介☆
健康食品活用事典は、市販の健康食品を中心に、本当に必要な健康食品の上手な取り方について紹介しています。
健康食品はあくまでも食品であり、薬ではありません。また食品といえども食事の代わりになるものでもありません。
毎日の食事を基本に、健康食品に頼りすぎないよう、健康維持のための補助として上手に活用していただくことをおすすめします。
多くの種類の中から最適の健康食品を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

健康食品活用事典TOP >> 健康食品その他 >> タンポポ
その他健康食品
タンポポ
効果・効能
大きく分けると古来から日本に生育していた在来種と、近世に海外から持ち込まれた外来種があります。在来種は外来種に比べ、開花時期が春の短い期間に限られ、種の数も少量です。夏場でも見られるタンポポは概ね外来種のセイヨウタンポポです。いずれも根、茎、葉に薬効があり、漢方では「蒲公英(ホコウエイ)」といいます。
全草にビタミンA,C、ミネラルの鉄分やカリウムが豊富に含まれるほか、苦昧成分で薬用作用を持つタラキサステロール、ホモタラキサステロール、パラオキシフェニール酢酸などの成分も含まれます。
主な効能としては、健胃、消化促進、利尿、抗炎症、抗菌作用芯どによる胃腸病、胆石、黄疸、リウマチ、咽頭炎芯どの予防と改善、便通、母乳促進などが期待されます。
利用法
葉は青汁にしたり、サラダなどにして生食します。根や茎は乾燥したものを煎じて飲用します。
 スポンサードリンク
 

MENU
■健康食品
健康食品
健康茶
油脂類
その他
■栄養成分
栄養成分
その他
五大栄養素・食物繊維
■付録
薬になる食品
症状別さくいん
購入時の注意
利用時の注意
プロフィール
リンク集
Copyright (C)健康食品活用事典All Rights Reserved