栄養成分その他

      

アルカロイド

☆サイト紹介☆
健康食品活用事典は、市販の健康食品を中心に、本当に必要な健康食品の上手な取り方について紹介しています。
健康食品はあくまでも食品であり、薬ではありません。また食品といえども食事の代わりになるものでもありません。
毎日の食事を基本に、健康食品に頼りすぎないよう、健康維持のための補助として上手に活用していただくことをおすすめします。
多くの種類の中から最適の健康食品を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

健康食品活用事典TOP >> 栄養成分その他 >> アルカロイド
栄養成分その他
アルカロイド
主な働き
窒素を含む一群の有機化合物で、主に植物体から単離される塩基性物質の総称で、カフェイン、ニコチン、キニンなど500種ほどあります。分子中に窒素が結合していて、そのためにアルカリ性を示すので、「アルカリもどき」を意味するのでアルカロイドの名があります。アクなどの成分がそうで、多くは興奮、覚醒など有毒に作用し、苦みや渋みのあるのが特徴です。
食品や嗜好品としては、緑茶、紅茶、コーヒー、チョコレート、ココアなどに含まれるカフェインやテオブ□ミン、タバ]などに含まれる二コチンなどがよく知られます。
上手なとり方
人体に有害作用するものが多いので、食品は添加物により毒性を除去するなどの処置が必要です。
注意点
含有食品は適量を心得、大量に摂取しないことが重要です。
 スポンサードリンク
 

MENU
■健康食品
健康食品
健康茶
油脂類
その他
■栄養成分
栄養成分
その他
五大栄養素・食物繊維
■付録
薬になる食品
症状別さくいん
購入時の注意
利用時の注意
プロフィール
リンク集
Copyright (C)健康食品活用事典All Rights Reserved